ご挨拶

社長挨拶

私共東鋼管工業は、昭和32年機械構造用鋼管の専業問屋として東京都中央区に誕生し、今日までパイプ一途に生き抜き、皆様と共にこの半世紀を歩んで参りました。環境破壊が叫ばれる現在、21世紀をより快適に過ごすには、自然と企業と人間を融合させた活動に目を向けていかなければなりません。私共は意識・活動・技術の向上に自然環境を重複させ、全てのお客様と地域社会の発展に貢献し、地球と人に優しい企業づくりを目指し、日々努力を重ねていきたいと考えております。
私共をとりまく鋼管業界の流通構造も時代と共に変化をしており、今や我が社も機械構造用鋼管・ステンレス鋼管・表面処理鋼管はもとより、アルミや銅の非鉄、その他あらゆる金属の材料とその加工品販売に目を向けております。今後ますます多様化していく時代に対応すべく、お客様のニーズに合った品質管理・原価管理・デリバリー管理体制の構築は勿論、更なるスピーディーな対応と多方面に渡る情報管理に基づく皆様へのご提案の提供に努め、活気溢れる企業として地域社会への奉仕と産業界の発展と高揚を目指し、たゆまぬ前進と努力を重ねて参る所存でございます。どんな些細な事でもご相談下さい。
私共の社訓『忿の一字』(ふんのいちじ)とは、どんなに厳しい難題に直面しても、決して逃げない・諦めない・正面から取り組んでいく、そこから活路を見出すことであり、それをモットーに全社員が一致団結を心掛けております。今後とも皆様のより一層のご指導とご支援を賜りますよう、宜しく御願い申し上げます。
代表取締役社長 加藤利久
2016年6月17日